スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ディレクターズワークショップ最終回に向けて③

佐々木です。
ディレクターズワークショップ(以下、DWS)について書いてきたこの連載も遂に3本目!(過去の記事→)
今回で僕が書くのは最後のつもりなんですが、この③では俳優枠についてあれやこれや書いていきます。
※そもそもDWSって何?という方は先にこちらをお読みください。

DWSは「演出家のための」ワークショップなのですが、参加演出家とともに共同作業を行う「俳優枠」の募集も行っています。「演出家のためのワークショップで俳優が何をするんだ」と思う方もいるかもしれません。その疑問にお答えすると、「稽古」と「上演」そして「批評・討議の場」への参加です。DWSは参加演出家ごとのチームを組んで稽古を進めます。初日の演出プランのプレゼン結果によりチーム分けされ、あとは4日間集中して「稽古→上演→フィードバック」を繰り返します。

「演出家のための」ワークショップですので、俳優が矢面に立つ場面はほとんどありません。フィードバック時の上演にまつわる討議はすべて演出家が請け負います。しかし俳優に責任がないわけではありません(当たり前ですが)。演出家の意図を理解する、理解できない場合には明確な答えがもらえるまで演出家に聞く。普段の創作現場と同じく(もしかしたらそれ以上に)「演出家と向き合う」「演出家とともに作品に向き合う」ことがDWSの俳優枠には必要です。

「演出家と俳優の関係」について考える場として、DWSはうってつけだと僕は思っています。既成戯曲を用いることで「書いた俺が言うんだからこの役はこうなの!」的な作演あるあるを言うこともできません。本を読めてなかったり演出プランを提示できなかったりする演出家に対して俳優枠が問い詰めることもDWSではざらにあります。本来稽古場では演出家と俳優はフェアな関係だということが、DWSで実感できると思います。そしてその上で、俳優の仕事とは何かを見つめ直す機会になります。演技プランの提示とか、戯曲読解が演出家任せになってないかとか。普段からできていたとしても、きっと何かしらの発見があるかと思います。

俳優のみなさんにDWSをオススメしたい理由はまだあって、これはもうシンプルに「30人以上の演出家が自分の演技を見る」という点です。会の特性もあり、DWSには演出家がごそっと集まります。(演出&演出助手枠はもちろんのこと、稽古場助手枠の参加者もほと…

最新の投稿

ディレクターズワークショップ最終回に向けて②

北区民と演劇を作るプロジェクト、区民オーディション募集、明日締切!

ディレクターズワークショップ最終回に向けて①

はじめの一歩飲み会 ご参加ありがとうございました!

いよいよ明日!!&【職員母校に帰る〜桐朋学園芸術短期大学編②〜】

演劇は趣味でやりたい・生業にしたいとは思ってない人たちに向けて

【職員母校に帰る〜桐朋学園芸術短期大学編①〜】

【職員母校に帰る〜東京大学編③〜】

【職員母校に帰る〜東京大学編②〜】

【職員母校に帰る〜東京大学編①〜】