スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

劇場の扉を開ける理由と、野外劇を企てる理由 その1

北川です。
気付けば年末、なんだか光陰矢のごとし、もう2017年も終わりです。
昨日、出身サークルの公演を見に行ってきました。すくなくとも私が所属していたときよりはいろんなことがきちんとしていて、終演後にOBの話を聞く、みたいなタイミングがあるのですが、統率の取れっぷりに若干引きました。自分が4年間、いろんなものを犠牲にしてただ次の世代に送り届けたいと思っていた空間に、今も変わらず人が集まっていることに、感慨深いものがありました。
なんだか色んな所にいろんなことを書き散らしているのですが、もうまもなく私は芸術監督の任期を終えます。引き継ぎのための書類の整理をしているのですが、4年間、棚ビッチリにいろんな書類を作り、またいろんな資料をもらっていまして、なかなかこれが骨の折れる作業です。そんな時、ふとドキッとする書類が出てきました。B4サイズの企画書、プレゼンのためにお持ちいただいた資料です。この4年間の取り組みに関しては、先日セゾン文化財団さんのviewpointに書かせてもらったのですが、今日はそこに書けなかった、でもこれは私だけのものにしておくにはあまりに惜しいこの企画書の思い出を、ここに書いとこうと思います。

*****

2013年の夏だったと思います。ちょうど玉山悟から北川大輔への芸術監督引き継ぎのリリースを出した直後で、私は来年のプログラムの編成に躍起になっていました。若手支援プロジェクトが少しずつ浸透して、まだ見たことのない劇団さんとの出会いも出来始めていた頃で、劇場に企画の持ち込みのお電話を日常的にいただき始めていました。そんな頃。その電話も普通の劇場の利用希望の電話のようでした。

が、

イマイチ要領を得ないのです。「2階席はありますか」「フライング(大劇場ではたまに見るやつ、いわゆるワイヤーつけて「飛ぶ」やつです)はできますか」など、うちの劇場に一度でもお越しいただけた方ならわかると思うのですが、定員94席のブラックボックスです。フライング、できないことはないですが専門の業者さんに来ていただいて機構を準備いただいて初めて可能になる程度の設備です。いやいや、銀◯劇場じゃねえんだからさ、と、小さな劇場をからかってんのか、と思い、とりあえず企画書ベースで話をしないと埒が明かないので、企画書持って来てもらうことはできますか、という話になりました。電話を切って…

最新の投稿

毎年恒例の劇場新年会、来年は1月15日(月)だっぷ!!

獲ること、渡すこと、分かつこと

ディレクターズワークショップ最終回に向けて③

ディレクターズワークショップ最終回に向けて②

北区民と演劇を作るプロジェクト、区民オーディション募集、明日締切!

ディレクターズワークショップ最終回に向けて①

はじめの一歩飲み会 ご参加ありがとうございました!

いよいよ明日!!&【職員母校に帰る〜桐朋学園芸術短期大学編②〜】

演劇は趣味でやりたい・生業にしたいとは思ってない人たちに向けて

【職員母校に帰る〜桐朋学園芸術短期大学編①〜】